« 2/1の取引 | トップページ | 2/2の取引 »

2006年2月 1日 (水)

「世界一やさしい会計の本です 」を読んだ

世界一やさしい会計の本です 女子大生会計士の事件簿 (山田真哉 著) を読みました。

去年、さおだけ屋はなぜ潰れないのか?がベストセラーになった著者が書いた本で、会計の考え方をやさしく説明している本。さおだけ屋の本を読んで著者の他の本に興味を持ち、なんとなく読んでみました。

会計を簡単な切り口で説明していて、確かに分かりやすい内容だった。数年前に株式投資を始めたときに、財務諸表のポイントなどについては本などを見て勉強した記憶がありますが、ちゃんと理解できてなくて今でも決算に対するアナリストの評価などを頼っている自分としては、今後の株式投資に役立てることができればいいと考えています。

著者のサイトはこちら

以下、この本の自分用備忘録。

  • 会計の要素を「資金源」「資産、財産」「費用、出費」「収益、売上」の4つの箱で示している。
  • 会計的センスを身につけるコツは、「割り算」を使う、「大きな数字」に着目する、「お金の回転」をイメージする、の3つ。
  • B/S、P/Lの他にキャッシュフロー計算書がある。営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローの3つがあり、営業活動によるキャッシュフローがプラスであれば大丈夫。
  • 会計を題材とした小説もあり、興味を引く内容だった。

|

« 2/1の取引 | トップページ | 2/2の取引 »

投資一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1856/578753

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界一やさしい会計の本です 」を読んだ:

» 財務諸表 [会計・財務の基礎用語]
財務諸表財務諸表(ざいむしょひょう Financial statement)とは、貸借対照表(''B/S'')・損益計算書(''P/L'')・キャッシュフロー計算書(''C/F'')・付属明細表など、企業が利害関係者に対して一定期間の経営成績や財政状態を明らかにするために複式簿記に基づき作成する諸表...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 13時54分

» 美女 +資格 +ミステリ = ベストセラー?? [独善的な読前書評]
 最近、ビジネス系難関資格ホルダーの美女が主人公のミステリー(仕立てのビジネス本 [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 22時58分

« 2/1の取引 | トップページ | 2/2の取引 »