« 3/8の取引 (量的緩和解除待ちで様子見相場) | トップページ | 3/9の取引 (量的緩和解除決定) »

2006年3月 8日 (水)

「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」を読んだ

魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門を読んだ。

短期売買の手法について述べている本。タートル・スープなどの手法が記載されていて参考になった。

この本では、資金管理の重要性を述べており、ポジションを取った直後に逆指値の損切り手仕舞い注文を入れて損失を限定すること、利益が乗ってきたときに逆指値の利益確定注文(トレイリング・ストップロス)を入れて利益を確保することをしつこく述べていた。また、短期売買で生き残るためには損失を少なくすることが重要で、プロのトレーダーでも毎日勝っているわけではないということを認識して無理なトレードをすべきでないと書いてあった。最近はデイトレで毎日1%とかを目標にしている人もいるようですが、やはりこの本にあるような資金管理は重要だと思うので、無理をせずにこつこつとやっていきたいと思った。月に数回の大きな利益を取っていくことが重要だそうで、今後も大きくやられないようにしていきたい。

事前準備の重要性についても述べており、前の日の夜などに翌日現れると予想されるトレーディング機会などをまとめることも必要となり、ぜひ実践していきたいと思った。

それにしても、この本はチャートなど図を使って分かりやすく説明しているんだけど、28,000円というのはものすごく高い… まあ、トレードですぐに元が取れるんだろうが。図書館で借りたんだけど、買って手元に置くかどうか悩ましいところだ。

|

« 3/8の取引 (量的緩和解除待ちで様子見相場) | トップページ | 3/9の取引 (量的緩和解除決定) »

投資一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1856/959125

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」を読んだ:

« 3/8の取引 (量的緩和解除待ちで様子見相場) | トップページ | 3/9の取引 (量的緩和解除決定) »