« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月に作成された記事

2006年7月26日 (水)

松井証券で障害発生、その後もずさんな対応

昨日(7/25)の朝から松井証券で障害が発生していた。障害は発生しないことが一番よいのだが、ITシステムである以上全くゼロとすることはできない。しかし、障害発生後もずさんな対応をしており、システムの安定性を売りとする松井証券に対する信頼を大きく失った。

朝8時頃に取引所への発注処理の遅延が発生し、顧客から松井までは注文が届いたものの、松井から証券取引所までは注文が出なかったというもの。ここでの対応で問題だったのは、朝8時の時点で障害が出ているのを認識していたにもかかわらず、ログインしたトップページのわかりにくいところに障害発生のお知らせを載せるだけで、注文を普通に受け付けていたことがある。さらに、受け付けた注文は訂正・取消ができない状況となっていた。障害時専用フリーコールというのもあるらしいけど、障害時は殺到するのでつながるわけない、と。

その後、9:26に復旧したときに取引所に注文が流れてしまい、その時点で約定可能な注文は約定してしまった。ここで約定してしまった顧客は反対売買をし、約定していない顧客は取消などをした。

さらに火に油を注ぐ結果となったのは、引け後に過誤処理をおこなって、9:00時点の条件で約定の値段を見直したり、約定してなかったものを約定したことに変更したりという対応をした。インターネットの掲示板によると、それによって不足金が発生したり、大きな含み損を掴まされた事例もある模様。松井のサイトでは過誤処理をするかどうかは客が選択できるような記述があるものの、実際はそういった対応がとられてない模様。

松井証券は手数料は高いけど安定している、というのが売りで、さらに最近は先物にも力を入れているということで、自分も先物口座を開設してminiを中心に取引を開始したところだったけど、こういうのを見ると松井は当分使えないという気がする。今回は個人的に被害を受けなかったのでラッキーだった。これまで障害が発生してこなかったことが、結果として劣悪な事後対応につながっているような状況で、オペレーションを含めて根本的に見直す必要があるよなぁ。他の証券会社もこういった修羅場を潜り抜けてシステムの安定性や障害時の対応レベルが向上しているのに松井は出遅れているということを印象付けてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

日経新聞インサイダー取引

これはひどい。日銀総裁の問題とは比べ物にならないほどひどい。悪質だ。マスコミ・広告代理店などは諸悪の根源だな。普段伝えられるニュースも広告主の意向などもあって事実を伝える役目を果たしてるとは思えないし。もともと信頼してないけど、地の果てまで落ちたという感じ。公平性を考えるとlivedoorのPJニュースとか2ちゃんねるとかのほうがよっぽどまし。社長は責任を取って即刻辞任すべき。マスコミ・広告代理店などは株式取引を禁止すべき。公正な株式市場になることを強く望む。

NIKKEI NET: 東京地検、本社広告局員を逮捕・インサイダー容疑 (以下、リンク先が読めなくなることに備えて引用)

 日本経済新聞社の東京本社広告局社員によるインサイダー取引事件で、東京地検特捜部は25日午後、上場企業5社の株式分割の法定公告が掲載されることを公表前に把握し、各社の株式を不正に購入したとして、同広告局社員、笹原一真容疑者(31)を証券取引法違反(インサイダー取引)容疑で逮捕した。同容疑者は容疑を全面的に認めている。

 5銘柄の不正取引は、これまでに摘発されたインサイダー取引事件で最多で、売却益は約3000万円。日経は同日、笹原容疑者を懲戒解雇した。

 特捜部は、不正取引を繰り返し売却益が多額であることから、悪質性が高いと判断。証券取引等監視委員会が同日午前、告発したのを受けて同容疑者の取り調べを始め、午後3時前、逮捕した。特捜部は笹原容疑者の単独の犯行とみている。 (21:10)

NIKKEI NET: 本社社長が謝罪、当該社員を懲戒解雇 (以下、リンク先が読めなくなることに備えて引用)

 日本経済新聞社東京本社の広告局社員が東京地検特捜部に逮捕されたのを受けて、杉田亮毅社長が25日、東京・大手町の日経本社で記者会見した。「言論報道機関としてあってはならない不祥事で読者、広告主、投資家はもちろん国民の皆様の信頼を裏切り、ご迷惑をお掛けしたことを深くおわびします」と陳謝し、同日、この社員を懲戒解雇したことを明らかにした。

 株式の短期売買の制限など株取引に関する内規を強化し、内規がなかった部局でも新たに策定したことを明らかにし、「再発防止に全力で取り組みたい」と強調した。

 杉田社長は「新聞が社会の公器としての役割を果たすには読者や取材先、取引先の信頼が不可欠。今回の不祥事は社員1人の犯行とはいえ、社長の不徳」と事態を重く受け止めていることを表明。社内調査の結果も公表し、「ほかに協力者はおらず、個人的な不正行為と確信しています」と述べた。  (21:10)

【7/26追記】

事の重大性を認識したのか、特集ページがNIKKEI NET上で組まれてますね。

NIKKEI NET: ●本社社員インサイダー容疑で逮捕・社内調査の概要

会社としてIDの管理・運用がちゃんとできていなかったことを考えると、「個人的な不正行為」ですませることができるレベルではなく、やはり社長辞任レベルとしか思えないですね。再発防止策もあるけど、株取引は完全禁止にすべきでは。

| | コメント (0)

住宅ローンブログパーツ

SBIホールディングス 『イー・ローン』において「住宅ローンブログパーツ」の提供を開始 ~ブログユーザーへのツール提供により住宅ローン金利トレンド情報を広く発信~

よくわからん試みだけど、FP系のブログに貼り付けていればそれらしくなるかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

『「スゴ腕証券マンが明かす株式市場「客ゴロシ」の新手口!』を読んだ

「スゴ腕証券マンが明かす株式市場「客ゴロシ」の新手口!を読んだ。

知っている内容も多かったけど、なかなか参考になる面白い内容だった。

証券業界の内情についての話があり、営業マンのコテコテなノルマ地獄の例や、最近は株よりは投信に重点が移っている、など、複数の著者による実態の暴露があった。こういうのはよく聞く話だから事実なんだろうけど、証券営業マンも大変だと思う。最近はFAという形で大手は同じことをコストがかからない方法でやっているようだけど。

怪物デイトレーダーの話もあったが、最近の上昇相場にただ乗っていたような事例ではないので参考になった。賢い投資家の条件として3つのSというのがあり、「スタンス」「スタイル」「ストーリー」だそうな。なかなかこれらを確立するのは難しいけど。

MSCBの話はかなり認知されるようになってますね。最近は株式相場の上昇を受けて普通の増資に踏み切る例も多いけど、積極的ないい増資であっても相場からは歓迎されないようになっちゃってますしねぇ。

仕手筋相場師の話は興味深い内容だった。地場証券の歩合外務員がスポンサーの顧客のお金で相場を仕掛ける、といった仕組みになっているような話だった。最近はネットを使ってちょうちんをつけるような手法もあるようだ。

最後の章で現役FPの方の話があり、株式より保険の方があやしい事例もある、などの話があった。この章はファイナンシャル・リテラシーの話もあり、投資の世界に足を踏み入れようとする人は読んでおいたほうがいい内容だと思う。個人的な経験ではファイナンシャル・リテラシーを身につけて実践で生かすのはなかなか難しいと感じている。危ない投資商品を避けるのには役立っているけど、警戒しすぎておいしい投資話についても見送ってしまうことが多くなっているからなぁ。単に自分がチキンだという話もあるけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

「マーケットの魔術師【株式編】《増補版》」を読んだ

マーケットの魔術師【株式編】《増補版》を読んだ。

アメリカの相場師で高いパフォーマンスを上げた人をインタビューしたもの。トレードにかかわるようになった経緯などから、どのような試行錯誤を経て稼げる手法にたどり着いたのか、それまでの挫折の経験とそれをどうやって克服してきたか、といったことを書いており、手法それ自体をまねるという観点からは役に立たないけど、考え方や姿勢などは役に立つ内容だと思った。

本を読んで思い知らされたのは、やはり成功している相場師はものすごい努力をしており、時間のかけかたも違うということだった。ここ2年くらいの日本の上昇相場を受けて、株で簡単に儲かる、といった内容の本が大量に出版されているが、やはり簡単に儲かるということはなく、成功するにはそれなりの努力が必要なんだな、と改めて認識するよい機会となった。

この本のインタビューは、アメリカ相場が90年代の上昇相場からITバブルがはじける前までの内容となっており、バブル崩壊の後にどうなったか、ということについて「増補版」という形で追記されている。この部分以外は増補版でないものと内容は同じということだと思われる。

ページ数がかなりあって読むのは大変だった。最近の相場は値動きがいまいちなことが多くて下手に手を出すとやられるような感じなので、相場については様子見を決め込んで場中にこの本を読んでいた。しばらくはこういう相場が続くようなので、こういった本を読んで自分のトレードを見直すきっかけにするのもいいと思った。

| | コメント (0)

2006年7月 3日 (月)

最近届いた株主優待(2006年6月part2)

6月下旬に届いた株主優待の一覧(前回の続き)。

  • 高千穂交易(2676): 「お米券」3kg分
  • 大戸屋(2705): 優待券1冊(525円券(税込)、4枚綴り)
  • ニチレイ(2871): 2,500円相当の自社製品詰合せ ※7月上旬到着予定
  • 加ト吉(2873): 「たきたてご飯」(常温無菌米飯)12個(1,500円相当)
  • サトー(6287): 1,000円分の図書カード
  • TPR(6463): お米券3kg
  • フェニックス電機(6927): 2,500円相当のクオカード
  • 大証金(8512): 1,000円分のクオカード
  • 松屋フーズ(9887): 優待食事券10枚

太字のものは今回が始めて受け取る優待。フェニックス電機は株価下落があまりにもひどいのでもう処分しましたが。

現時点で17銘柄を優待目的で保有中。だいぶ増えたけど全資産の20%にも満たないので利回り投資という観点からもっと増やしたいところ。最近の調整局面で株価はやや下がってきたとはいうものの、以前に比べるとかなり高いものも多く、安値覚えのせいでなかなか買い増しにくい。

昔の優待関連の記事でやっていたように、写真をアップロードします。加ト吉のごはんです。

060703_165601


| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »