« TFP(4792)優待到着 | トップページ | ミクシィ(2121) マザーズ上場へ »

2006年8月12日 (土)

「投資苑2」を読んだ

投資苑2を読んだ。

有名な本であり、資金管理とか規律とかいう面に関してはとても参考になった。

昨年の相場があまりにも上昇傾向だったので、株で楽して簡単に儲ける、といった内容の軽い本が出回っていたが、やはり相場はそんなに簡単なものではなく、それなりに時間をかけて立ち向かう必要があるということを改めて認識させられた。トレーダーというのは自営業みたいなものであり、それなりに時間をかけないといけない、というのは考えてみればあたりまえなんだけど、どうしてもサラリーマンの頃と比較して楽にやっていきたい、という思いもあって実践できないなぁ…

この本に書いてあるとおりに売買記録などを付けるのはかなり大変な作業だと思う。自分でも簡単なトレード日誌のようなものは書いているつもりだけど、この本ではチャートを貼り付けてエントリ・エグジットや利食い目標・逆指値の損切り目安などをはっきりさせておく、とあるし。「明日の行動計画」については自分では文書化できていなかったので、今後は意識していきたいと思った。

この本では「生計のためのトレーディング」という章で、他の本では見られないような記述があり、普段の生活での出費を意識して、低リスクの投資だけで生活できるようにする、といった内容もあった。自分も同じことを考えていたし、意外と重要なことなんだよねぇ。

|

« TFP(4792)優待到着 | トップページ | ミクシィ(2121) マザーズ上場へ »

投資一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1856/3036298

この記事へのトラックバック一覧です: 「投資苑2」を読んだ:

« TFP(4792)優待到着 | トップページ | ミクシィ(2121) マザーズ上場へ »