« 松井証券で障害発生、その後もずさんな対応 | トップページ | 「投資苑2」を読んだ »

2006年8月 4日 (金)

TFP(4792)優待到着

TFPコンサルティンググループ(4792)の優待が到着。

ここの優待は、Yahoo!の優待情報などを見ても「自社グループ出版物の贈呈」「(株)東京ファイナンシャルプランナーズ開講講座の10%割引」としか書いておらず、詳細が不明だったので、実際に権利を取ってみた。

実際に6月末に配当とともに送られてきた事業報告書の中に株主優待の案内があった。(事業報告書は、TFPコンサルティンググループのサイトのIR情報2005年度事業報告書(8ページ目右側)で見ることが可能。)

「自社グループ出版物」は、4つから1つを選択できるようになっていて、FP技能士2, 3級の問題集などの本や、平成18年度税制改正のポイントと解説、という本が対象。自分はすでにFP2級を持っているので、税制改正のポイントと解説を選択。

また、TFPの講座の10%割引は、対象となる講座が限られていて、AFP, CFP, DCプランナー2級、証券外務員二種から選択するようになっていた。AFPやCFPの継続教育なども10%引きになればいいと思ったけど、さすがにそこまではないか。

で、はがきを出してしばらくして平成18年度税制改正のポイントが届いた。定価600円と書いてあるけど、TFPのサイトのどこで売っているのかよくわからなかった。他の問題集のほうが値段が高いので、必要な人はそっちのほうがいいかも。この平成18年度税制改正のポイントという本の内容は、TFPのサイトのFP情報のページに載っている税制改正新旧対照表FPに関する制度改正のポイントの内容などで構成されていた。

株価のほうは、先週あたりまでは新興市場全体につられる感じでじりじりと安くなって売買高も少なくなっていたが、1Qの決算発表を受けて切り返す動きになっている。ここの決算はそんなに悪くならないような気はしていたので決算発表前の安いところを拾っておこうかとも思ったけど、新興の決算またがりの持ち越しは下方修正で地獄に落ちるリスクもあるので見送ってしまった。結果的には失敗だったけど、売買高がやたらと少ない状況なので手を出しにくいところだなぁ。

060703_222701 TFPの講座の10%割引を選択するはがき。対象の講座が書いてある。(写真は見づらいけど。)


060729_164501 届いた平成18年度税制改正のポイントという本。FPは最新の情報を常にキャッチアップしていかなければならないので大変。こういう書籍は非常にためになる。自分もこれを読まないといけないと感じる。(AFPはまだ登録してないんだけど…)

|

« 松井証券で障害発生、その後もずさんな対応 | トップページ | 「投資苑2」を読んだ »

FP(ファイナンシャルプランナー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1856/2933429

この記事へのトラックバック一覧です: TFP(4792)優待到着:

« 松井証券で障害発生、その後もずさんな対応 | トップページ | 「投資苑2」を読んだ »