« 「マーケットプロファイル - 市場心理を読んで相場に勝つ方法」を読んだ | トップページ | 「デイトレーダーのためのマーケットプロファイル分析 - すべてのデイトレーダーに捧ぐ」を読んだ »

2007年2月17日 (土)

2006年分確定申告1

昨年分の確定申告書の作成をほぼ完了。4年連続なのでかなり慣れてきた。

毎年新しく申告する内容があり、そこで嵌まることが多い。今回は主に以下の項目が始めてだった。

配当所得、配当控除の申告: 国税庁Webサイトの確定申告書等作成コーナーで入力したが、配当は各会社ごとに入力するようになっており、約15社分を入力させられて大変だった。小口分散投資は大変な面もあると感じた。配当所得を申告するのは年初から分かっていたので、Excelで受取配当の明細を作っていたが、それは添付しなくてもよくなった。なお、REITの配当(正式には分配金)は配当控除の対象ではないので、確定申告書等作成コーナーで入力するときは、1.のところではなく、5.のところに入力する必要があった。配当控除は配当所得の入力から自動的に計算される仕組みになっているので、注意が必要だった。

先物取引の申告: 日経225miniが開始したりということもあり、日経225の先物、オプションのトレード分の申告が必要になった。残念ながら損失だったので繰越処理だったりするんだけど。申告書の説明やマネー雑誌の確定申告特集を見ると、一つの取引ごとに記述するように書いてあるが、それはデイトレを頻繁に繰り返している人にとってはとてもばかげている。いろいろとインターネットの掲示板などを調べていたら、「先物」「先物mini」「オプション」を分けて、証券会社ごとに分けて、まとめて申告書に記入すればよいという感じだった。それぞれについて、Excelで明細を作り、それを添付すればよいという感じだった。明細は証券会社が発行してくれないので、自分で作るしかないけど、証券会社のサイトからcsv形式で取引履歴をダウンロードできるので、それをちょっと加工してやればすぐにできた。それにしても、先物miniとか言って宣伝しておきながら、確定申告するときには大した情報も提供しないとは、証券会社・税務署ともに腐っているなぁ。

つみたてくんの申告: これは雑所得で申告。さすがに利回り的においしくないし、IPOの抽選資金にしたほうがよほど利益になるので、昨年中に解約。20万を越えていたこともあり、素直に申告。

その他、特定口座源泉ありで3つの証券会社すべてでプラスだったが、メインの1つは源泉のままで申告しないことにして、残り2つを申告することにより、使いきれなかった控除によって税金の還付を受けれた。数万円であり、確かに手間はかかってしまうが、どうせ確定申告しない場合は住民税決定のために区役所に申告する必要があるので、手間をかけた。先物の損失繰越分を考えれば10万円を越える効果があるのか…

アメリカではほとんどの人が確定申告をするものらしいが、よくこんな面倒な作業をほとんどの人ができるものだと思う。もしかして、税金のしくみが日本と比較してシンプルで分かりやすいのかもしれないが。

|

« 「マーケットプロファイル - 市場心理を読んで相場に勝つ方法」を読んだ | トップページ | 「デイトレーダーのためのマーケットプロファイル分析 - すべてのデイトレーダーに捧ぐ」を読んだ »

投資一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーケットプロファイル - 市場心理を読んで相場に勝つ方法」を読んだ | トップページ | 「デイトレーダーのためのマーケットプロファイル分析 - すべてのデイトレーダーに捧ぐ」を読んだ »