« 2006年分確定申告1 | トップページ | 「ヒルズ黙示録・最終章」を読んだ »

2007年3月 9日 (金)

「デイトレーダーのためのマーケットプロファイル分析 - すべてのデイトレーダーに捧ぐ」を読んだ

「デイトレーダーのためのマーケットプロファイル分析 - すべてのデイトレーダーに捧ぐ」 (柏木 淳二 著)を読んだ。

2000年に出版された本ということであり、デイトレーダー自体に関する記述は古いが、その部分は単なる読み物と割り切って読んだ。

マーケットプロファイル分析に関してだが、この本ではマーケットプロファイル自体の基本的な説明はほとんどなく、マーケットプロファイルを使って実際にデイトレードをするときにどのように考えていくか、というシミュレーションのようなものになっている。

他に、バリューエリアを算出する方法としていくつか提示し、文字の数を利用して近似的に求めることについての記述があった。また、RF(ローテーションファクター)に関する考察があり、マーケットプロファイルの形とRFの数字の推移のパターンをいくつか提示しているのは参考になった。

マーケットプロファイルは、ある日のマーケットの動向を考えるのに役に立つツールだと思うが、解説している書籍やサイトが少なく、この本を読んで実際のトレードへの応用の仕方などがちょっとわかったような気がした。実際に使いこなせるようになるには、経験を積んでいく必要があるのだろう。

ところで、この本は都内の某図書館で借りたけど、本に悪臭が染み付いていて大変な思いをさせられた。公共のものは大切に扱って欲しいものだ。

|

« 2006年分確定申告1 | トップページ | 「ヒルズ黙示録・最終章」を読んだ »

投資一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1856/5630852

この記事へのトラックバック一覧です: 「デイトレーダーのためのマーケットプロファイル分析 - すべてのデイトレーダーに捧ぐ」を読んだ:

« 2006年分確定申告1 | トップページ | 「ヒルズ黙示録・最終章」を読んだ »