« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月に作成された記事

2007年3月16日 (金)

堀江被告に懲役2年6月の実刑

堀江被告に懲役2年6月の実刑という結果になったようだけど、いろいろなニュースを見ていると、検察の捜査の内容に疑問のある部分があることを裁判官は指摘しているにもかかわらず、それを証拠として採用して検察のシナリオに沿って有罪にしたということらしい。

一般の世論からすると妥当といわれるんだろうけど、やっぱり日興CGの件と比較するとこの国は終わったといわざるを得ないなぁ。裁判官がダメなのか、検察がダメなのか、それともなんらかの国家権力のようなものがダメなのかわからんけど(というか、全部だな)。アパの耐震偽装の件も根底は同じなんだろうね。マスコミもちゃんと機能をはたせず、信頼できるのが某巨大匿名掲示板というのじゃなさけないよ、国家として。

こういう裁判で、反省の態度を見せれば執行猶予になることもあるというが、そもそも裁判で無罪ということを争っているのに、反省の態度を見せないから執行猶予なしよ、というのはあまりに横暴すぎる。裁判官はアホだろ!

まあ、ライブドアの粉飾は許されることではないんだから、有罪自体はしょうがないんだろうけど、この問題に関する本を2冊読んだ(本1本2)限りでは堀江主導というよりは宮内主導という印象が強いけどなぁ。捜査もずさんとしかいいようがないみたいだし。

ただ、当時のライブドアの実体などを考えれば、株価は明らかにバブル水準だったんだし、あれに投資して損したので賠償しろといっている人たちはおかしいと思う。投資は自己責任なんだし、全財産とか信用全力とかで買うほうがおかしい。適正株価なんかわからないんだから、損害賠償の額なんか算出できないはずだし。PBRで計算したら損はしていないことになるんだろうけど。

村上の件もそうだが、既得権益を守ろうとする老人たちが出る杭を叩きまくるという、老害としかいいようのない現象といわざるをえないな。堀江も才能はあるんだから、ああいうのを国家として有効に使う方向にもっていかないといけないと思うんだけど。

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

「ヒルズ黙示録・最終章」を読んだ

「ヒルズ黙示録・最終章」を読んだ。

以前読んだ「ヒルズ黙示録―検証・ライブドア」の続編であり、ライブドアの裁判のその後の動向とか、村上ファンドの裁判の件などについて書かれている。

ライブドアの件は、社長の堀江よりは宮内が主導の粉飾だったようだが、やはり社長という立場で「自社株食い」を知っている立場として有罪になるのは免れないのでは、という内容となっている。この裁判に関するいろいろな報道などから、検察のずさんな捜査のせいもあって無罪になったりする可能性もあるのかも、と思ってたけど、この本を読むと無罪というのは厳しそうですね。それにしても、この本を読むと新興企業を信頼することができなくなってしまうと感じた。株式市場もすでにそういう雰囲気になっていて、新興市場株は下落トレンドがとまらない状況になっているし。簡単にMSCBを発行してお金をつくりだせるような錬金術はまずいよなぁ。ごく一部の企業の悪行が目立っているだけで、大半の会社はまともだと思うんだけど。それにしても、最近は利益を大きく見せてIPOするだけして、すぐに業績下方修正を出すなど、証券会社が手数料をかせぐためだけに無理している気がしてならない。

村上ファンドの件は、どうみても検察がアホとしか思えない。昨年6月の村上の記者会見のときにもそう思ったが、この本でもどうようの指摘になっている。どうみても国策調査なんだろうな。粉飾裁判呼ばわりされてるし。この本に書いてある検察のずさんな捜査方法は読んでいてあきれたし、こんな捜査に税金が使われていると思うと悲しいものがある。検察を批判したり改革を促すような勢力がないという問題点を指摘しているが、この裁判が終わった後にはなんらかの動きがあるのかなぁ。宮内の横領を見逃している点は本書で指摘しているが、それ以外にも、ニッポン放送に関する大和證券のインサイダー疑惑とか、最近の日興コーディアルの粉飾とかのほうがもっと重大なんだけどなぁ。

ソニー買収構想は実現していたらすごかっただろうなぁ。確かにいまのソニーはズタズタで、ブランド価値も下がっていると個人的には思っていたけど、世界ではSONYというブランドネームは貴重なものであり、そういう認識が株式市場でもあるようで、軟調に推移していた株価が業績からは考えられないほど突如上昇を始めたからなぁ。かなり外国人に握られてしまっていると思うけど。確かに日本国を代表する大企業だけど、そもそも50%以上の株を外国人が占めるような企業は外資系企業と同等でしかないので、こういった企業を優遇する政策を取るのは国益にはならないんだよなぁ。キヤノンとかもそうだし、ああいった企業を優遇しないようにしたほうが国のためになると個人的には思う。

著者が最後に書いてある、旧世代と若い世代の世代間闘争という内容が、この一連の出来事に関することをうまく現しているんだろうなぁ。村上も記者会見で話していたし。

月刊宝島 2007年4月号にこの本の著者の記事があった。内容は本に書いてあるのとほとんど同じだったが、この本を出した後の動きについてちょっと述べており、やはり堀江の有罪は避けられないという内容だった。

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

「デイトレーダーのためのマーケットプロファイル分析 - すべてのデイトレーダーに捧ぐ」を読んだ

「デイトレーダーのためのマーケットプロファイル分析 - すべてのデイトレーダーに捧ぐ」 (柏木 淳二 著)を読んだ。

2000年に出版された本ということであり、デイトレーダー自体に関する記述は古いが、その部分は単なる読み物と割り切って読んだ。

マーケットプロファイル分析に関してだが、この本ではマーケットプロファイル自体の基本的な説明はほとんどなく、マーケットプロファイルを使って実際にデイトレードをするときにどのように考えていくか、というシミュレーションのようなものになっている。

他に、バリューエリアを算出する方法としていくつか提示し、文字の数を利用して近似的に求めることについての記述があった。また、RF(ローテーションファクター)に関する考察があり、マーケットプロファイルの形とRFの数字の推移のパターンをいくつか提示しているのは参考になった。

マーケットプロファイルは、ある日のマーケットの動向を考えるのに役に立つツールだと思うが、解説している書籍やサイトが少なく、この本を読んで実際のトレードへの応用の仕方などがちょっとわかったような気がした。実際に使いこなせるようになるには、経験を積んでいく必要があるのだろう。

ところで、この本は都内の某図書館で借りたけど、本に悪臭が染み付いていて大変な思いをさせられた。公共のものは大切に扱って欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »