« 「ヒルズ黙示録・最終章」を読んだ | トップページ | 「レアメタル・パニック」を読んだ »

2007年3月16日 (金)

堀江被告に懲役2年6月の実刑

堀江被告に懲役2年6月の実刑という結果になったようだけど、いろいろなニュースを見ていると、検察の捜査の内容に疑問のある部分があることを裁判官は指摘しているにもかかわらず、それを証拠として採用して検察のシナリオに沿って有罪にしたということらしい。

一般の世論からすると妥当といわれるんだろうけど、やっぱり日興CGの件と比較するとこの国は終わったといわざるを得ないなぁ。裁判官がダメなのか、検察がダメなのか、それともなんらかの国家権力のようなものがダメなのかわからんけど(というか、全部だな)。アパの耐震偽装の件も根底は同じなんだろうね。マスコミもちゃんと機能をはたせず、信頼できるのが某巨大匿名掲示板というのじゃなさけないよ、国家として。

こういう裁判で、反省の態度を見せれば執行猶予になることもあるというが、そもそも裁判で無罪ということを争っているのに、反省の態度を見せないから執行猶予なしよ、というのはあまりに横暴すぎる。裁判官はアホだろ!

まあ、ライブドアの粉飾は許されることではないんだから、有罪自体はしょうがないんだろうけど、この問題に関する本を2冊読んだ(本1本2)限りでは堀江主導というよりは宮内主導という印象が強いけどなぁ。捜査もずさんとしかいいようがないみたいだし。

ただ、当時のライブドアの実体などを考えれば、株価は明らかにバブル水準だったんだし、あれに投資して損したので賠償しろといっている人たちはおかしいと思う。投資は自己責任なんだし、全財産とか信用全力とかで買うほうがおかしい。適正株価なんかわからないんだから、損害賠償の額なんか算出できないはずだし。PBRで計算したら損はしていないことになるんだろうけど。

村上の件もそうだが、既得権益を守ろうとする老人たちが出る杭を叩きまくるという、老害としかいいようのない現象といわざるをえないな。堀江も才能はあるんだから、ああいうのを国家として有効に使う方向にもっていかないといけないと思うんだけど。

|

« 「ヒルズ黙示録・最終章」を読んだ | トップページ | 「レアメタル・パニック」を読んだ »

投資関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ヒルズ黙示録・最終章」を読んだ | トップページ | 「レアメタル・パニック」を読んだ »