« 『「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計』を読んだ | トップページ | トップカルチャー(7640)優待到着 »

2008年2月26日 (火)

2007年分確定申告

ブログを約4ヶ月も放置してしまった。番外編はたまに更新してたんだけど。

今年も頭の痛い確定申告の季節がきてしまいました。ということで、国税庁Webサイトの確定申告書等作成コーナーで作成。もう5年連続であり慣れたものだ。毎年このサイトでできることが増えており、去年は手書きonlyだった先物の申告もWebでいけた。今年嵌まったのは以下の項目だった。

楽天証券の先物損益計算: 前年は松井証券の口座だけであり、Webサイトからcsvを先物、先物mini、オプションと分けてダウンロードして、ちょっと加工すれば計算書に書く数値を判断するのは簡単だったけど、今年は楽天証券で先物miniをトレードしたこともあり、Webサイトを探してもcsvをダウンロードする機能が見つからずに一つずつ計算させられるのかと思って頭が痛くなりそうだった。楽天証券のサイトのQ&Aを読んで、ようやくマーケットスピードでcsvをダウンロードできるのに気づき、それをちょっと加工してなんとかなった。申告書の記述は去年と同様に種別(先物、先物ミニ、Op)ごとにまとめて記述し、決済年月日も手書きで追記して期間を記入した。この書類だけは控えが作成されないので、自分でコピーをとっておいたほうがいいと思う。そういえば、DLJから楽天に変わってからは、楽天クオリティーというか、サービス自体は便利に使わせるんだけど長所だけを述べて短所とかデメリットを明記しないという感じであり、また嵌め込まれるところだった。これはネット業界の悪い部分で、ソフトバンクがADSLに参入した頃から顕著になってきている気がする。

先物の所得(分離所得)への控除の適用: 今年は現物株式が損失となってしまい、逆に先物は利益となって前年の損失繰越分を使ってもプラスになる状況であり、これらは損益通算で相殺できないため先物の利益に対して税金を取られてしまうという計算になってしまった。今年は先物以外に申告する所得は配当所得だけであり、社会保険料控除と基礎控除を使い切れずにもったいないことになるかと思われたが、Webで計算された税金の額が意外と低いので計算書を見て確認したところ、どうやら配当所得で使い切れなかった社会保険料控除と基礎控除は先物の利益分に適用されているようだった。それでも株式の損失分は相殺できないのは残念だが。来年はそれを越えるだけの利益を上げるしかないなぁ。この相場状況だと苦しいけど。

住民税の配当割額控除額が正しく記述されない: 国税庁Webサイトの確定申告書等作成コーナーで申告書を作成し、配当所得については全部必要事項を入力して国税については配当控除が正しく計算されて記入されたのに、それに相当する額が第二表の住民税の配当割額控除額に自動で計算されず0円扱いになってしまった。ちょっといろいろと試してみたがだめだったので、その2つ上の「配当に関する住民税の特例」のところに自分で計算した金額を記入しておいた。

印刷時に用紙の下のほうが切れてしまう: 「■」の記号が右上、左上、左下に印刷されるんだけど、プリンタのせいなのかわからないが切れてしまう事象が発生した。控えの分はいいとして、提出分については97%に縮小して印刷した。たぶん、PDF閲覧用にAdobe ReaderではなくFoxit Readerを使っているのが原因なんだろうけど。

短期投資からは引退する方向で考えているが、今年に入ってからの現時点で出ている先物Opの利益や、前年からの株式の損失の扱いなどで来年も申告することになりそう。e-Taxの特典は確か来年までのようだし、来年はe-Taxに挑戦してみるかな。

|

« 『「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計』を読んだ | トップページ | トップカルチャー(7640)優待到着 »

投資一般」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1856/10780193

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年分確定申告:

« 『「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計』を読んだ | トップページ | トップカルチャー(7640)優待到着 »