カテゴリー「投資関連ニュース」の記事

2007年3月16日 (金)

堀江被告に懲役2年6月の実刑

堀江被告に懲役2年6月の実刑という結果になったようだけど、いろいろなニュースを見ていると、検察の捜査の内容に疑問のある部分があることを裁判官は指摘しているにもかかわらず、それを証拠として採用して検察のシナリオに沿って有罪にしたということらしい。

一般の世論からすると妥当といわれるんだろうけど、やっぱり日興CGの件と比較するとこの国は終わったといわざるを得ないなぁ。裁判官がダメなのか、検察がダメなのか、それともなんらかの国家権力のようなものがダメなのかわからんけど(というか、全部だな)。アパの耐震偽装の件も根底は同じなんだろうね。マスコミもちゃんと機能をはたせず、信頼できるのが某巨大匿名掲示板というのじゃなさけないよ、国家として。

こういう裁判で、反省の態度を見せれば執行猶予になることもあるというが、そもそも裁判で無罪ということを争っているのに、反省の態度を見せないから執行猶予なしよ、というのはあまりに横暴すぎる。裁判官はアホだろ!

まあ、ライブドアの粉飾は許されることではないんだから、有罪自体はしょうがないんだろうけど、この問題に関する本を2冊読んだ(本1本2)限りでは堀江主導というよりは宮内主導という印象が強いけどなぁ。捜査もずさんとしかいいようがないみたいだし。

ただ、当時のライブドアの実体などを考えれば、株価は明らかにバブル水準だったんだし、あれに投資して損したので賠償しろといっている人たちはおかしいと思う。投資は自己責任なんだし、全財産とか信用全力とかで買うほうがおかしい。適正株価なんかわからないんだから、損害賠償の額なんか算出できないはずだし。PBRで計算したら損はしていないことになるんだろうけど。

村上の件もそうだが、既得権益を守ろうとする老人たちが出る杭を叩きまくるという、老害としかいいようのない現象といわざるをえないな。堀江も才能はあるんだから、ああいうのを国家として有効に使う方向にもっていかないといけないと思うんだけど。

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

ミクシィ(2121)上場前日

いよいよ明日9/14に今年最大の注目IPOであるミクシィ(2121)がデビューする。

前回の記事の後に実際にミクシィに登録していろいろと使ってみたけど、あまり良さはわからなかった。ただ、はまる人はかなりどっぷりと浸かってしまう仕組みであるということは分かった。大和とEトレでIPOに申し込むもあっさりはずれ。

すでに楽天を上回るページビューを集めているというニュースを見たこともあり、ポータルサイトとして価値を考えれば、今後ショッピング分野やオークションなど、Yahoo!や楽天やlivedoorがやっていることと同じことに進出していけばそれなりの売り上げが見込める企業なのかもしれない。そのための資金調達だろうし。

しかし、多くのサイトが指摘するように、あまりにも公募価格が割高で将来性を見込みすぎているというのはあると思う。他にもロックアップがないため大株主が売り抜け意向だという噂もあるし。普通は上場直後に売るつもりだったら公募時に売出株式として出すものだと思うのだが、ここ数年のIPOバブルでルールが変わってしまったなぁ。

いくら時価総額が大きく、さらに割高とは言っても、やはり注目案件なので公募割れなどのぶざまな結果にはならないと予測。しかし、初値で特攻するトレーダーの体力も昨年末と比較して落ちていることだし、ネットエイジのような寄り付きを見せ付けられた後であれば初値買いにも強気になれないところ。このあたりのバランスが難しいところだが、後場始まってしばらくして寄り付くことをイメージして初値240万を予想。その後は大株主売りぬけのために一相場あるかもしれないが、結局じゃぶじゃぶ状態になって公募付近で1ヶ月ほどもみ合ってからじり安となるんだろうなぁ。

こういう株はファンダで考えても無駄なので需給を読むしかない。あまり初値特攻してVCの財布となるデイトレーダーが増えないことを望みたい。株数の多さも考えるとガンホーのようには絶対にならない。自分も気をつけたいところ。

この銘柄がここ数年のIPOバブルの崩壊につながるきっかけとなってしまうかもしれない、という予感もあるなぁ。昔はIPOを公募でもらえばほとんど儲かるということはなかったわけだし。

| | コメント (0)

2006年8月15日 (火)

ミクシィ(2121) マザーズ上場へ

今年のIPOの大本命がようやく上場。9/14に東証マザーズ。コードが2121と覚えやすい。

想定価格が155万で、現在の発行株数が66,000、公開株数が6,600とかなりの大型だけど、初値が飛ぶのは確実なんだろうなぁ。

今年でいうと、ドリコムあたりが近いんだろうけど、株数の多さや上場時の地合なんかを考えるとmixiのほうが弱いかも。しかし、mixiのほうがドリコムよりは将来性という面で非常に高いというコンセンサスはあると思う。

上場直後は需給での値動きになるし、mixi以外への事業の拡大を考えると現時点でのPERなんかを使った評価はできないだろうし、適正な価格はよくわからん。とりあえず、冷やしなしとして、初値500万は越えてくるんだろうなぁ。ロックアップがどうなっているかはまだ調べきれてないけど、時価総額でマザーズでのかなり上位にくるということもあって、あまり高くならないかもしれないなぁ。

直前になると、Yahoo!、楽天、livedoorに続く会社といった煽りが出てきそう。

とりあえず、IPO欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

松井証券で障害発生、その後もずさんな対応

昨日(7/25)の朝から松井証券で障害が発生していた。障害は発生しないことが一番よいのだが、ITシステムである以上全くゼロとすることはできない。しかし、障害発生後もずさんな対応をしており、システムの安定性を売りとする松井証券に対する信頼を大きく失った。

朝8時頃に取引所への発注処理の遅延が発生し、顧客から松井までは注文が届いたものの、松井から証券取引所までは注文が出なかったというもの。ここでの対応で問題だったのは、朝8時の時点で障害が出ているのを認識していたにもかかわらず、ログインしたトップページのわかりにくいところに障害発生のお知らせを載せるだけで、注文を普通に受け付けていたことがある。さらに、受け付けた注文は訂正・取消ができない状況となっていた。障害時専用フリーコールというのもあるらしいけど、障害時は殺到するのでつながるわけない、と。

その後、9:26に復旧したときに取引所に注文が流れてしまい、その時点で約定可能な注文は約定してしまった。ここで約定してしまった顧客は反対売買をし、約定していない顧客は取消などをした。

さらに火に油を注ぐ結果となったのは、引け後に過誤処理をおこなって、9:00時点の条件で約定の値段を見直したり、約定してなかったものを約定したことに変更したりという対応をした。インターネットの掲示板によると、それによって不足金が発生したり、大きな含み損を掴まされた事例もある模様。松井のサイトでは過誤処理をするかどうかは客が選択できるような記述があるものの、実際はそういった対応がとられてない模様。

松井証券は手数料は高いけど安定している、というのが売りで、さらに最近は先物にも力を入れているということで、自分も先物口座を開設してminiを中心に取引を開始したところだったけど、こういうのを見ると松井は当分使えないという気がする。今回は個人的に被害を受けなかったのでラッキーだった。これまで障害が発生してこなかったことが、結果として劣悪な事後対応につながっているような状況で、オペレーションを含めて根本的に見直す必要があるよなぁ。他の証券会社もこういった修羅場を潜り抜けてシステムの安定性や障害時の対応レベルが向上しているのに松井は出遅れているということを印象付けてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

日経新聞インサイダー取引

これはひどい。日銀総裁の問題とは比べ物にならないほどひどい。悪質だ。マスコミ・広告代理店などは諸悪の根源だな。普段伝えられるニュースも広告主の意向などもあって事実を伝える役目を果たしてるとは思えないし。もともと信頼してないけど、地の果てまで落ちたという感じ。公平性を考えるとlivedoorのPJニュースとか2ちゃんねるとかのほうがよっぽどまし。社長は責任を取って即刻辞任すべき。マスコミ・広告代理店などは株式取引を禁止すべき。公正な株式市場になることを強く望む。

NIKKEI NET: 東京地検、本社広告局員を逮捕・インサイダー容疑 (以下、リンク先が読めなくなることに備えて引用)

 日本経済新聞社の東京本社広告局社員によるインサイダー取引事件で、東京地検特捜部は25日午後、上場企業5社の株式分割の法定公告が掲載されることを公表前に把握し、各社の株式を不正に購入したとして、同広告局社員、笹原一真容疑者(31)を証券取引法違反(インサイダー取引)容疑で逮捕した。同容疑者は容疑を全面的に認めている。

 5銘柄の不正取引は、これまでに摘発されたインサイダー取引事件で最多で、売却益は約3000万円。日経は同日、笹原容疑者を懲戒解雇した。

 特捜部は、不正取引を繰り返し売却益が多額であることから、悪質性が高いと判断。証券取引等監視委員会が同日午前、告発したのを受けて同容疑者の取り調べを始め、午後3時前、逮捕した。特捜部は笹原容疑者の単独の犯行とみている。 (21:10)

NIKKEI NET: 本社社長が謝罪、当該社員を懲戒解雇 (以下、リンク先が読めなくなることに備えて引用)

 日本経済新聞社東京本社の広告局社員が東京地検特捜部に逮捕されたのを受けて、杉田亮毅社長が25日、東京・大手町の日経本社で記者会見した。「言論報道機関としてあってはならない不祥事で読者、広告主、投資家はもちろん国民の皆様の信頼を裏切り、ご迷惑をお掛けしたことを深くおわびします」と陳謝し、同日、この社員を懲戒解雇したことを明らかにした。

 株式の短期売買の制限など株取引に関する内規を強化し、内規がなかった部局でも新たに策定したことを明らかにし、「再発防止に全力で取り組みたい」と強調した。

 杉田社長は「新聞が社会の公器としての役割を果たすには読者や取材先、取引先の信頼が不可欠。今回の不祥事は社員1人の犯行とはいえ、社長の不徳」と事態を重く受け止めていることを表明。社内調査の結果も公表し、「ほかに協力者はおらず、個人的な不正行為と確信しています」と述べた。  (21:10)

【7/26追記】

事の重大性を認識したのか、特集ページがNIKKEI NET上で組まれてますね。

NIKKEI NET: ●本社社員インサイダー容疑で逮捕・社内調査の概要

会社としてIDの管理・運用がちゃんとできていなかったことを考えると、「個人的な不正行為」ですませることができるレベルではなく、やはり社長辞任レベルとしか思えないですね。再発防止策もあるけど、株取引は完全禁止にすべきでは。

| | コメント (0)

2006年6月 5日 (月)

村上氏インサイダー取引疑惑

村上ファンドがニッポン放送の件でインサイダー取引疑惑ということで報道されている。

村上ファンドが登場したころは、物言う株主とか会社は誰のものかとか問題提起をしており、その後の会社経営へ一石を投じたことを考えると、村上氏は評価すべきだと思う。しかし、最近の村上ファンドのやり方は図体のでかい仕手筋というか、当初のあり方とは違う感じになってきていたというのもあり、影響力の大きさもあって今回のようなことになったのだろう。

報道のされ方をみていると、インサイダー取引を認めた、というような感じになってるけど、11時からの記者会見を見ている限りはそんな単純なものじゃないはずで、マスコミがいかにいいかげんな仕事をしているかというのを改めて思い知らされた。村上氏の話がどこまで正しいかということもあるが、あれがインサイダー取引になるのであれば、証券会社のレーティングに関連する不透明な取引とか、上場会社が機関投資家向けにおこなうIR活動を受けた取引とか、銘柄推奨の記事を載せた雑誌の著者・編集・発行者がおこなう取引とかはすべてインサイダー取引ということになってしまう、というむちゃくちゃなものだと思う。

ライブドアの堀江氏と同様に出る杭を打つという日本のシステムにやられた形なんだろうけどなぁ。村上氏本人が記者会見の質疑応答でシンガポールに移った理由の一つとして日本がいやになってきたというのがあったけど、これは考えさせられるものがあるなぁ。努力して税金を多く払っているにもかかわらず報われないんじゃなぁ。

裁判の手間と費用を考えると罪を認めたほうがいい、というのは、アメリカでのマーサ・スチュワートのやつと同じような感じだな。村上氏はすでにかなり儲けているので、一線を引いてリタイアするにはいい引き際だと思うけど。

裏で何がおこなわれているかは知らないけど、大企業の経営者というのは負わされている責任を考えるとかなり少ない収入で働いていて、(なんかいろいろと略)、会社としていろいろな圧力が働く、というのも冷静に考えると変な社会だなぁ、と思う。

会見の内容はロイターのニュースを見るとある程度はわかると思うのでリンクしておこう。詳しい質疑応答が知りたいところだけど、記者のレベルの低さが露呈してしまうだろうしなぁ。

ロイター: 村上世彰氏会見の主な内容

[23:40追記]

記者会見の様子はGyaoで見ました。いろいろと考えさせられる内容だった。自分もシンガポールに移住することを検討してみようかなぁ。

そういえば某球団の関係者が天罰がなんとかとかコメントしていたのに対して批判してたな。どうして野球の関係者は社会的影響力を考えずにあんな軽はずみなことを言えるのか不思議でたまらない。野球の位置づけ自体がとっとと地盤沈下してくれればいいなぁ。もう自分にとっては中継延長で後の番組への悪影響を及ぼすだけのじゃまな存在でしかないし。

| | コメント (0) | トラックバック (3)