カテゴリー「FP(ファイナンシャルプランナー)」の記事

2006年10月28日 (土)

「2017年 日本システムの終焉 The End of Japan's System」を読んだ2

番外編サイトに「2017年 日本システムの終焉 The End of Japan's System」を読んだという記事を載せました。

AFPなどの資格取得のための勉強など、いわゆる教科書的な視点であれば、FP相談業務としては、現在の税制や年金システムを元にライフプランニングをおこなうのでしょうが、こういった本が指摘するように、今後の増税路線、年金システムの崩壊、国家破産といったことを考えたライフプランニングというのもあるのでしょうか? 難しい問題ですね。

個人的な立場として、これらに対応するためには「根を下ろさない」(この前読んだ本にいい表現があったので使ってみた)、資産運用として外貨建てのものを持つ、語学力を身につける、ということは意識して実践しているつもりだけど、まだまだ必要なことがあると感じる。外貨建て資産は日本の口座で持っていれば預金封鎖に対応できないわけだし、海外移住という選択肢も考慮すると海外の口座を開設して、そこに外貨建て資産を置くといったことが必要だと感じる。敷居が高そうでなかなか実践できないけど。

| | コメント (1)

2006年10月 8日 (日)

FPフェア2006 展示会参加

FPフェア2006の展示会に参加してきました。

FPフェアって、FP協会の会員を対象にした有償のセミナー会だと思っていたけど、どうやら展示会は会員じゃなくても無料で参加できるということでいってきました。Blogで交流があるニモ凛さんに声をかけていただき、オフ会も兼ねた形でした。

FPフェアの展示会の出展者一覧を見ると、保険屋さん、情報ベンダー、FP資格関連ビジネスといったあたり。なぜか商品先物業者もいましたが… FP関連ビジネスとして情報ベンダーはFP業務をサポートするツールなどを提供していますが、それらの業者間の競争やマーケット自体の大きさなどを考えると、この分野でなにかビジネスを立ち上げるのはちょっと大変だと感じた。制度改正などがたびたびあり、そのたびにツールを修正しなければいけないですしね。

日興コーディアル証券で証券仲介業の紹介をしており、FPが証券仲介業者となることができることを初めて知った。銀行がやっているのはしってるけど、すでに投資をしている身からするとメリットを感じないサービスなので、FPがやる意味があるのかと不思議に感じた。まあ、限られたところでしょうがそういう需要もあるのでしょう。

無料ミニセミナーとして相続について30分程度のもの(北村喜久則先生)に参加してきた。ほとんどは基本的な内容で2級FP技能士試験を受けたときに勉強した内容を思い出しながら聞いていた。相続手続きとして3ヶ月以内に放棄もしくは限定承認をしなければならないのだけど、被相続人が借金などをかかえていて放棄をするときに相続順位が第1順位の子と配偶者が放棄をした場合は、第2順位の直系尊属(父母など)に移ることになってしまうため、直系尊属(父母など)も相続放棄をし、さらに第3順位の兄弟姉妹も放棄をしないといけない、という話は始めて聞いたので参考になった。実際にこれで相続人が借金を相続してしまって自己破産した例もあるらしい。最近は消費者金融が生命保険をかけていて問題になっているケースが表面化しているけど、生命保険をやめることになったら、遺族が問題をかかえるケースが増えたりするのかもしれませんね。他に、名義預金が問題になるという話があった。実際に管理している人で判断されるという運用らしい。これはどこかで聞いたことがあったけど。

ニモ凛さんのオフ会には他に美乙女公希先生も参加。FPとして独立されていらっしゃるということで、いろいろとお話をさせていただきました。自分は遅れて参加し、3時間ほど展示会会場にいて、その後途中で抜けてしまいました。もっと時間があればよかったのですが… なぜか女性だと思われていたようで、ちょっとプロフィールとか見直します。

お金の大学というサイトを紹介していただきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

「人口減少パニック」を読んだ2

番外編サイトに「人口減少パニック」を読んだという記事を載せました。

FPとしてプランニングするときに、将来子供を何人生むとかを検討するケースもあるでしょうし、少子化対策として公的にもらえる補助などもあるので、こういった本で少子化の現状などを理解するのもいいと思います。

ところで、FP関連資格の勉強をすると子育てにいくらかかるか、といった計算もできるようになります。ただ、あまりにもお金がかかりすぎることに気づいてしまい、子供はいらない、と考えてしまう結論になるかもしれませんが… 「少子化対策」という観点からはあまりお金のことを気にしないほうがいいのかもしれません…

久しぶりの更新となってしまいました。トレードの話題を書かなくなるとネタがなくなります。IPO予定のミクシィに登録して実際にサービスを試していたりするので、ここのブログに使う時間もあまりなくなっているというのもあるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

TFP(4792)優待到着

TFPコンサルティンググループ(4792)の優待が到着。

ここの優待は、Yahoo!の優待情報などを見ても「自社グループ出版物の贈呈」「(株)東京ファイナンシャルプランナーズ開講講座の10%割引」としか書いておらず、詳細が不明だったので、実際に権利を取ってみた。

実際に6月末に配当とともに送られてきた事業報告書の中に株主優待の案内があった。(事業報告書は、TFPコンサルティンググループのサイトのIR情報2005年度事業報告書(8ページ目右側)で見ることが可能。)

「自社グループ出版物」は、4つから1つを選択できるようになっていて、FP技能士2, 3級の問題集などの本や、平成18年度税制改正のポイントと解説、という本が対象。自分はすでにFP2級を持っているので、税制改正のポイントと解説を選択。

また、TFPの講座の10%割引は、対象となる講座が限られていて、AFP, CFP, DCプランナー2級、証券外務員二種から選択するようになっていた。AFPやCFPの継続教育なども10%引きになればいいと思ったけど、さすがにそこまではないか。

で、はがきを出してしばらくして平成18年度税制改正のポイントが届いた。定価600円と書いてあるけど、TFPのサイトのどこで売っているのかよくわからなかった。他の問題集のほうが値段が高いので、必要な人はそっちのほうがいいかも。この平成18年度税制改正のポイントという本の内容は、TFPのサイトのFP情報のページに載っている税制改正新旧対照表FPに関する制度改正のポイントの内容などで構成されていた。

株価のほうは、先週あたりまでは新興市場全体につられる感じでじりじりと安くなって売買高も少なくなっていたが、1Qの決算発表を受けて切り返す動きになっている。ここの決算はそんなに悪くならないような気はしていたので決算発表前の安いところを拾っておこうかとも思ったけど、新興の決算またがりの持ち越しは下方修正で地獄に落ちるリスクもあるので見送ってしまった。結果的には失敗だったけど、売買高がやたらと少ない状況なので手を出しにくいところだなぁ。

060703_222701 TFPの講座の10%割引を選択するはがき。対象の講座が書いてある。(写真は見づらいけど。)


060729_164501 届いた平成18年度税制改正のポイントという本。FPは最新の情報を常にキャッチアップしていかなければならないので大変。こういう書籍は非常にためになる。自分もこれを読まないといけないと感じる。(AFPはまだ登録してないんだけど…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

住宅ローンブログパーツ

SBIホールディングス 『イー・ローン』において「住宅ローンブログパーツ」の提供を開始 ~ブログユーザーへのツール提供により住宅ローン金利トレンド情報を広く発信~

よくわからん試みだけど、FP系のブログに貼り付けていればそれらしくなるかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

「老人駆除 Anti-Elders War」を読んだ2

番外編サイトに「老人駆除 Anti-Elders War」を読んだという記事を載せました。

年金の問題とかを書いてある本だけど、FPとしてプランニングをするときにも将来の年金制度がどのようになっていくかといったことは念頭に入れておかないといけないと思うので、参考になると思います。持続可能な制度であって欲しいとは思うけど、さすがに先送りの限界を超えてしまっているように個人的には思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

AFP認定研修修了

今月初めに提出した提案書課題は合格だったようで、AFP認定研修修了証明書が到着した。研修を終えるのに半年以上かかってしまったなぁ。

試験はすでに1月に合格済なので、後はFP協会に登録すればAFPということだな。個人的にAFPをどう生かしていくかは考えないといけないけど。

このblogでもFP的な話題というか、株以外の投資・資産運用やその他の話題もしていきたいと思っているところ。最近はデイトレ日記だけで「投機家生活への道」とタイトルを変更しないといけない状況だし…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

FP提案書作成完了

AFP取得のためにはFP講座の修了とFP2級の合格が必要で、FP2級はすでに合格していたんだけど、FP講座修了に必要な提案書の作成は長期間放置していた。で、本日ようやく作成完了した。締め切りなどの制約がないとなかなか着手しない悪い癖はさすがに直したいものだと思う。

課題を読んで、すでに作成されてある現状のキャッシュフローを見ると、問題点はすぐに明らかになり、解決策も思いつくような感じだった。ただ、実際に提案書として落とし込むのがやはり面倒で、お客様に納得いただくように筋道を立てて説明したり、分かりやすい内容にしたりといったところで時間がかかった。サンプルの提案書を参考にしていたら内容が似てしまってやりにくかった。

あと感じたのが、WordやExcelをある程度使いこなせないと大変だろうなぁ。自分は慣れていたからよかったけど。さすがにこの内容を手書きで作成するわけにはいかないと思う。キャッシュフロー表の編集はトレード用に使っているUXGA×2画面が非常に役立った。

実務ではもっと複雑な事例ばかりのような気がする。これだけを専門にして食べていくのは大変なんだろうなぁ… アメリカなどではFPは確立されたポジションらしいけど、どういう収益構造になっているんだろう… サービスにお金を払う文化がない日本とは違うんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

FP2級合格

1/22に受検した2級FP技能士の合格発表があり、無事合格していた。提案書を提出すればAFP登録ができるんだけど、試験終わってからいろいろとあって(といってもオリンピックを見てたりしてただけなんだけど)、全く手をつけてない… 今週末あたりに集中してやらないとなぁ。

得点は自己採点通りで、学科が54/60、実技は47/50だった。個人的にはFPの分野についての適性はあるんじゃないかなぁ、と思ったりもするんだけど、実際にこの世界に足を踏み入れて仕事をするかどうかは非常に悩ましいところ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

FP2級受けてきました

FP2級(ファイナンシャル・プランニング技能検定2級)を受けてきました。

学科はたぶん合格圏内だと思ってます。80分くらいで途中退出して午後の勉強をしてました。 実技は個人資産相談業務で受けましたが、最初の年金のところから難しい問題が出てちょっとあせってしまった。相続の問題もここ数回よりは難易度が高かったと感じました。6割とれれば合格なので何とかなるとは思うんだけど、あまり自信はないです。3級と違って配点がよくわからないんだよねぇ。 17:30から金財のサイトで模範解答が示されるので、後で自己採点してみます。

明日から提案書に着手しないといけないなぁ。FP2級は取れてもAFPになれないよねぇ…

[18:50更新]

金財のページが重くて確認が遅くなりましたが、ようやく自己採点できました。

学科: 54/60

実技: 13/15 (1問は全滅、残り1問は語句で1/4間違い)

意外なくらい高得点でした。ほぼ間違いなく合格してそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧